自分の作りたいページに合わせたサーバーをレンタルしよう

サーバーの構成やスペックはレンタルサーバー業者ごとに異なる

インターネット上でホームページを公開するためにはウェブサーバーと呼ばれる種類のサーバーに、ファイルをアップロードしなければなりません。では、ウェブサーバーはどのようにして用意できるのかというと、基本的に個人向けのレンタルサーバーであれば、ほぼ必ずウェブサーバー機能が備わっているので、一般的なレンタルサーバーを借りればホームページの運営が可能になるということになります。
ただ、サーバーにはスペックやインストールされているプログラムなどによって違いがあり、簡単なホームページであれば基本的な構成のウェブサーバーで動作させることができるので、高いスペックのレンタルサーバーをわざわざ借りる必要はありません。

CMSやアクセス数の多いサイトを運営する場合のサーバー

しかし、CMSやネットショップのように、PHPやデータベースが必要なプログラムを運営するためには、基本的な構成のサーバーだとスペックが足りないため、スペックが足りているサーバーを探す必要があります。つまり、ホームページを運営する場合は、自分が作りたいページ、あるいは利用するプログラムに合わせてサーバーを見つけないといけないのです。
また、想定しているアクセス数もサーバーを探すときには重要な指標となります。アクセス数が一日に数十万から数百万に達するようなホームページを運営する場合、サーバーのリソースをかなり使うことになるからです。低スペックのサーバー、あるいはサーバーを共有しているユーザー数が多すぎて、一人あたり、利用できるリソースが少ないサーバーだと、サーバー側に契約を断られることがあるので注意が必要です。

ホームページ制作には情報アーキテクチャ―設計、ビジュアル設計、ユーザビリティ設計等の種類があります。また、制作方法についてもHTML制作、動的コンテンツ制作、テキストデータ制作等の種類に分けられます。

© Copyright Rental Server. All Rights Reserved.